役員紹介

会 長   筒香 和年
顧 問   山本 正雄
顧 問   山本 正尚
顧 問   木村 雅

代 表   瀬野 竜之介
副代表   木下 広幸
副代表   安田 良行

代表紹介
RYUNOSUKE SENO
代表瀬野 竜之介
BASEBAIL HISTORY
浪速高校-東海大 堺ビッグボーイズの監督時代には全国制覇2度の経験を持つが、2009年より勝利至上主義ではなく育成重視のチーム運営に方向転換。
詳細を確認
RYUNOSUKE SENO
代表瀬野 竜之介
BASEBAIL HISTORY
浪速高校-東海大 堺ビッグボーイズ 1期生 世界少年野球大会監督
紹介文
堺ビッグボーイズの監督時代には全国制覇2度の経験を持つが、2009年より勝利至上主義ではなく育成重視のチーム運営に方向転換。 世界少年野球大会監督
一言
混沌とした世の中で、この時期に培う様々なことは、その後に大きな影響を与えると痛感しています。 「心」に重きを置いた指導。 人に優しく、自分と常に向き合い、自分で判断できる。社会に出た時に求められることで、これを習慣付けて欲しいと思っています。 「技」をこの先に発揮できる基礎作り。 この時期に小手先ばかりを覚えるのでなく、「大きく」育つよう、自分で考える、感じる、が出来るように粘り強く接していこうと考えています。 「体」ケガをしない、させない身体作り。 楽しくて、自らすすんで、遊びながら、体力が向上出来るよう工夫した体力作りをしたいと思っています。 縁のあった選手達の評価はこの中学の時期ではありません。また、どんな学校に進学しているか?どれだけ甲子園に出場しているか?でもありません。 どんな人間になっているか?どんな人生を歩んでいるか?社会にどう関わっているか?先の長い話ですが、そこを目指してこれからも携わっていきたいと思っています。
メディア
中日スポーツ / 東京中日スポーツ
サンスポ・コム(SANSPO.COM)
サカイク
Full-Count
週刊現代
東洋経済オンライン
ヤキュイク
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
11月5日放送 NHK ニュースほっと関西
指導者紹介
TOMOHITO SAKANAGA
監督阪長 友仁
BASEBAIL HISTORY
新潟明訓高校-立教大学 小中学生はオールラウンド、高校2年生から外野手 新潟明訓高校 3年生の(全国)選手権大会に出場。1回戦では本塁打も放ち勝利に貢献。 立教大学 大学4年次は主将を務める。東京六大学、4年間で51試合に出場。
詳細を確認
TOMOHITO SAKANAGA
監督阪長 友仁
BASEBAIL HISTORY
新潟明訓高校-立教大学 小中学生はオールラウンド、高校2年生から外野手 新潟明訓高校 3年生の(全国)選手権大会に出場。1回戦では本塁打も放ち勝利に貢献。 立教大学 大学4年次は主将を務める。東京六大学、4年間で51試合に出場。
紹介文
海外のナショナルチーム指導も長年経験し、現在もドミニカ共和国の野球指導について、研究しています。 監督という立場はありますが、選手たちに積極的に声を掛けて、選手のコンディション、気持ちの変化などを感じとって指導にあたっています。選手たちへ時には厳しく声をかける事もありますが、選手がチャレンジしている、前向きに取り組んでいる事に対してはすぐに評価の声をかける、とても負けず嫌いの阪長監督です。
Career
スリランカ、タイ、アジア諸国ナショナルチームコーチ(2006,2007) ガーナ代表監督(2007年)北京オリンピック野球アフリカ大陸3位 青年海外協力隊(2008~2010)南米 コロンビア 野球指導 JICA企画調査員(2011~2014)中米 グアテマラ ドミニカ共和国の野球指導調査・研究(2014年~)
著書
ラテンアメリカ式メジャー直結練習法 東邦出版 2018年 7月
資格
スペイン文科省認定スペイン語検定 DELE B2 (中上級)取得
日本スポーツマンシップ協会の日本スポーツマンシップ協会認定 Sportsmanship Coach 資格認定者
メディア
Yahoo!トップニュース
ヤキュイク
full-countインタビュー
ATSUSHI OKUNO
コーチ奥野 厚史

「育成・総合コーチ」

BASEBAIL HISTORY
天理高校-天理大学
詳細を確認
ATSUSHI OKUNO
コーチ奥野 厚史

「育成・総合コーチ」

BASEBAIL HISTORY
天理高校-天理大学 天理高校 (全国)選手権大会優勝 天理大学
紹介文
選手に負けないぐらい元気な声で指導している奥野コーチ。 主に下級生(1年生)を担当しており、野球の技術指導はもちろんですが、野球以外の事を1年生から出来る様に粘り強くアプローチしています。保護者、選手含め皆様から人気があるコーチの1人です。 特にグランド整備、道具の管理については熱心に指導して下さります!!
SUGURU MIYANOMAE
コーチ宮之前 傑

「ヘッドコーチ・内野守備コーチ」

BASEBAIL HISTORY
高野山高等学校-関西国際大学
詳細を確認
SUGURU MIYANOMAE
コーチ宮之前 傑

「ヘッドコーチ・内野守備コーチ」

BASEBAIL HISTORY
高野山高等学校-関西国際大学
紹介文
中学時代(堺ビッグボーイズ)では体が小さく、試合に出場する機会が少ない中でも、コツコツと練習に取り組んでいた経験、また内野手出身ということもあり、練習中は、内野の選手、また体が小さい選手に対して積極的に指導してくれるコーチです。 選手からの人気はNo. 1、常に選手と同じ目線で指導にあたっています。
ポジション
ショート
DAISUKE DOI
コーチ土井 大輔

「規律・育成担当コーチ」

BASEBAIL HISTORY
おかやま山陽高校-成美大学(現福知山公立大学)
詳細を確認
DAISUKE DOI
コーチ土井 大輔

「規律・育成担当コーチ」

BASEBAIL HISTORY
おかやま山陽高校-成美大学(現福知山公立大学) 仁徳ヤンガース 堺ビッグボーイズ 春季全国大会出場 おかやま山陽高校 成美大学(現福知山公立大学)
紹介文
中学時代は堺ビッグボーイズでキャプテンとしてプレーしていました。元々はピッチャー出身でしたが、中学時代にキャッチャーに転向、その後は大学までキャッチャーをしていました。 指導者としては、野球以外の面(返事、挨拶、移動スピードなど)に重きを置いています。野球だけ活躍するのではなく、1人の人間として活躍できる様に指導しています。
ポジション
右投右打 捕手
KENICHIRO YOSHIDA
コーチ吉田 憲一郎

「打撃コーチ」

BASEBAIL HISTORY
熊本工業高校-福岡大学-パナソニック
詳細を確認
KENICHIRO YOSHIDA
コーチ吉田 憲一郎

「打撃コーチ」

BASEBAIL HISTORY
熊本工業高校-福岡大学-パナソニック 熊本工業高校 全国選抜大会出場
福岡大学 全日本大学選手権大会に2回出場、リーグ戦最優秀選手賞2度・首位打者・打点王・ベストナイン6度・1シーズン最高打率連盟記録
パナソニック(社会人) 2000年・2005年日本選手権大会優勝、1999年準優勝、都市対抗10年連続出場表彰・日本選手権10回出場表彰、社会人ベストナイン
パナソニックコーチ
紹介文
左利きということもあり高校までは一塁手に加え、投手もされていました。 高校まではチームの中で特に目立った選手ではなかったようですが、その後は大学、社会人で野球を続けて、大学では最優秀選手賞を2度取り、社会人では名門のパナソニックでベストナインに選ばれるなど活躍しました。引退後はパナソニックでコーチも経験されています。
MESSAGE
選手(子供たち)が将来まで野球に興味を持ち続け、活躍できるように、出来るだけ分かりやすい指導をしようと心がけています。 
ポジション
左投左打 ファースト
RYOUSUKE TOKUI
コーチ徳井 良輔

「育成・トレーニング担当コーチ」

BASEBAIL HISTORY
山口県鴻城高校-JR西日本硬式野球部
詳細を確認
RYOUSUKE TOKUI
コーチ徳井 良輔

「育成・トレーニング担当コーチ」

BASEBAIL HISTORY
山口県鴻城高校-JR西日本硬式野球部
山口県鴻城高校 山口県大会 ベスト
JR西日本 社会人野球日本選手権大会出場
堺南ボーイズ小学部監督
2017年 全国選手権大会出場 ベスト
2018年 関西秋季大会 準優勝
2018年 オリックスバファローズCUP出場 準優勝
2018年、2019年 春季全国大会 2年連続出場 準優勝
紹介文
堺ビッグボーイズの9期生で、中学時代はベンチ入りギリギリの補欠選手で公式戦登板はありませんでしたが、練習中は自ら黙々とトレーニングに励んでいました。しかしそれが礎になり、高校時代は1年生からベンチ入り。3年時はドラフト候補にリストアップされました。右のアンダースローとして活躍しました。
MESSAGE
苦しい、出来ない事から逃げずに立ち向かっていく「強い気持ち」「強く生き抜く力!」を野球を通して養い、身につけていってもらえるように熱く!熱く!選手たちと向き合います!
DAISUKE KAWAMURA
コーチ川村 大輔

「投手コーチ」

BASEBAIL HISTORY
桜宮高校―九州産業大学
詳細を確認
DAISUKE KAWAMURA
コーチ川村 大輔

「外野守備・走塁コーチ」

BASEBAIL HISTORY
桜宮高校―九州産業大学 ■高校・・・大阪府ベスト16 ■大学・・・九州選手権大会優勝(明治神宮大会出場)
紹介文
高校は2年春から主戦で、大学は主にリリーフを務めた。 投手としては小柄だったので、大柄な速球投手に負けないようにスライダーのキレとコントロールを重視した選手だった。少しでも先のステージで活躍できる選手を育成することを目指して、子どもたちが主体性をもって練習に取り組めるようにアプローチしていきます。
ポジション
投手 右投右打
MASAYUKI KINOSADA
コーチ紀之定 正行

「アディショナル・プラクティス内野守備コーチ」

BASEBAIL HISTORY
浪速高校-立命館大-ミキハウス
詳細を確認
MASAYUKI KINOSADA
コーチ紀之定 正行

「アディショナル・プラクティス内野守備コーチ」

BASEBAIL HISTORY
浪速高校-立命館大-ミキハウス 堺ビッグボーイズ 9期生 ポジション ショート 浪速高校 1年秋 大阪大会3位 3年春 大阪大会優勝 立命館大学 JOC日本代表合宿参加 1年春〜公式戦出場 3年春 大学選手権出場3年秋 神宮大会出場  4年春 大学選手権出場 4年春秋 ベスト9 東西対抗戦 関西選抜 ハワイ遠征 関西選抜 ミキハウス 奈良県知事杯 優秀選手 日本選手権出場 ノモベースボールクラブ 都市対抗野球 出場
紹介文
高校で身体と頭の使い方を学び、大学で自主性の大事さを感じ、ミキハウス時に、キューバ元代表であるヘルマン・メサ遊撃手と出逢い、世界レベルのプレーを体感し、野球への取組み方が変わり、自身の中での変化が大きかったようです。誰もが平等なのが時間だけなので、1分1秒をどのように過ごせるかを考え、感謝と敬いを忘れず、 人をリスペクトし、リスペクトされる人になってもらいたいと思い、指導していただいております。
ポジション
ショート