役員紹介

会 長   角野 武光
顧 問   山本 正雄
顧 問   山本 正尚
顧 問   水谷 充寛
顧 問   木村 雅

代 表   瀬野 竜之介
副代表   久富 誠
副代表   筒香 和年
副代表   木下 広幸
副代表   安田 良行

指導者紹介
代表

混沌とした世の中で、この時期に培う様々なことは、その後に大きな影響を与えると痛感しています。 「心」に重きを置いた指導。 人に優しく、自分と常に向き合い、自分で判断できる。社会に出た時に求められることで、これを習慣付けて欲しいと思っています。 「技」をこの先に発揮できる基礎作り。 この時期に小手先ばかりを覚えるのでなく、「大きく」育つよう、自分で考える、感じる、が出来るように粘り強く接していこうと考えています。 「体」ケガをしない、させない身体作り。 楽しくて、自らすすんで、遊びながら、体力が向上出来るよう工夫した体力作りをしたいと思っています。 縁のあった選手達の評価はこの中学の時期ではありません。また、どんな学校に進学しているか?どれだけ甲子園に出場しているか?でもありません。 どんな人間になっているか?どんな人生を歩んでいるか?社会にどう関わっているか?先の長い話ですが、そこを目指してこれからも携わっていきたいと思っています。

監督

選手達とコミュニケーションをとり、選手達に「考えさせる野球」をテーマに指導しています。 野球だけじゃなく、日常生活から、考えて行動する、自ら気づいて行動出来る選手、「人」になってほしいです。

コーチ

子供達が「堺ビックボーイズ」で過ごす2年半は「体、心」とも成長する時期です。 その時期に野球はもちろんですが、「今何をすべきかを考え、行動できる人」になってもらえるよう指導していきたいと思います。 選手たちにとって日々の練習を楽しく、充実したものにしたいと思います。

コーチ

これまで8年間実際に現地に暮らしながら、アジア・アフリカ・ラテンアメリカの野球指導に携わってきました。 野球場もなく、中古の道具しか手に入らない国で思い切り野球を楽しむ子どもたち。また、別の国では目先の勝利にとらわれず、将来メジャーリーグで活躍する日々を夢見て練習に取り組む子どもたち・・・。 翻って、野球をやる上で恵まれた環境の日本で、実は逆に一番大切なものを忘れかけているのではないでしょうか。 『野球が好き!』『野球を楽しむ!』 堺ビッグボーイズに来てくれる子どもたちが、もっともっと野球を好きになって楽しめる環境作りに、これからも貢献していきたいと思います。

コーチ

選手たちが野球を楽しく、また子供らしくできるような環境作りを心がけています。 体・心など全てにおいて成長していくこの時期にいろいろなことにチャレンジし失敗や成功を繰り返しながら成長していって欲しいと考えています。 私も選手と共に日々成長していけるように努力していきます。

コーチ

人は幼い時期はいろんな事にチャレンジし、失敗しながら成長していきますが、不思議と大人になると、失敗を恐れ、チャレンジしなくなる傾向にあるように思います。その要因の一つが、体と心が大きく成長する時期に、いろいろなことにチャレンジする機会が少ないからだと感じています。 「堺ビッグボーイズ」には、選手達が自ら考え、色々なことにチャレンジし、時には失敗しながら成長する環境があります。 縁があり出会えた選手達には、失敗を恐れずチャレンジする強い心を持って欲しいと思っています。楽しく野球を行いながら、選手達のいろいろなチャレンジをサポートしていきたいと思います。

小学部
監督

週末は賑やかなメンバーと、ワイワイ言いながら楽しい時間を過ごしています。 監督やコーチの顔色をみてプレーするのではなく、失敗を恐れず何事にも果敢にチャレンジする選手になるよう接していきます。

コーチ

選手たちに個性があるように、体の大きさ、足の速さ、ボールを遠くへ投げる力や打つ力など成長スピードもひとりひとり異なります。 そのなかで優れている部分だけではなく、ひたむきに取り組んでいる選手の頑張りを、環境と練習の両面からサポートしていきます。 選手たちが大好きな野球を長く続けていけるように見守り続けたいと思います。

コーチ

選手達が将来、社会に出て活躍するためにも、野球を通して多くのことを学んでもらいたいです。
そのために、私たち指導者ができることは、週末の練習が待ち遠しく、楽しみで仕方がないと、感じてもらえるような環境作りだと思っています。
選手達には、野球が好きという気持ちを、いつまでも忘れないでいてもらいたいです。