NPO法人「BBフューチャー」はスポーツを通じて
日本そして世界に羽ばたく人材育成に取組んでいます。

我々は子供たちの未来・将来にフォーカスした指導を実践しています。

  • ○小学生、中学生時代に活躍していた選手が、高校や大学のステージで
    怪我などに苦しむ。
全ての選手に当てはまることではありませんが、残念ながら今、目の前の活躍を重視しすぎるあまり、先のステージで思ったように活躍できない選手を数多く見てきました。要因は様々だと思いますが、それは選手に才能がなかったからではなく、少年野球時代から目の前の結果を求めすぎるあまり、過度な練習、もしくは偏った(部分的な)練習を繰り返したことも1つの要因だと思います。
我々は子供たちが大好きな野球を長く続け、将来的に選手としてもまた1人の社会人としても活躍していけるようアプローチを行っています。
今の結果のために今何をするか、ではなく、将来の活躍のために今何をするか?真の意味で『子供たちの未来のために』活動を行っていければと思います。

理事長ごあいさつ

時代は昭和から平成に、平成から令和へと移り変わり、子どもたちやスポーツを取り巻く環境も大きく変化しています。我々がかかわる少年野球も、野球人口の減少(10年前に比べて半減しているというデータもあります)、投球過多によって手術を必要とするような若年層の怪我の発生など、大きな問題を抱えています。果たして、野球は時代とマッチしなくなってきているのか?私たちは決してそのように考えていません。野球本来のもつ競技特性は時代が変わりつつある今こそ、必ずや子どもたちの将来に役立つものと考えています。
保護者の方々が安心して子どもたちを預けられる環境づくり、子どもたちが切磋琢磨しながら強く・たくましく成長できる指導を実践できればと思っています。皆さまのご支援、何卒よろしくお願いします。

NPO法人BBフューチャー理事長 阪長 友仁

スタッフ紹介

理事長 阪長 友仁 副理事長 瀬野 竜之介  筒香 和年
理事 木村 雅 監事 久富 誠
スタッフ 土井 大輔  八木 一弥

主な活動紹介

クラブチーム「堺ビッグボーイズ」の支援

公益財団法人日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)所属「堺ビッグボーイズ」は、夢いっぱいの子どもたちを「強く・大きく・たくましい」ビッグボーイに育てることを目標に活動しています。35年に渡る歴史の中で多くの子どもたちを指導し、プロ野球選手を輩出するほか、社会で活躍できる人材を育成しています。

国際事業部

これまで誰もやってこなかったことにチャレンジしています! アジア・アフリカ・ラテンアメリカ、世界各国の野球から学び、日本の野球を変えていく・・・。 『知らなかった』ということをどんどん好奇心に変えていきましょう!!